共済 その魅力~保険との違い・比較のポイント の記事一覧

すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク



高齢者と共済~現状の課題と新商品のトレンド

共済は掛金の安さが魅力ですが、高齢期の備えとしては手薄になってしまうのが弱点です。

満60歳以降からは脱退するか、あるいはいわゆる「移行タイプ」に継続加入するかの選択になります。


一般に加入は85歳くらいまで可能でも、保障内容は60歳以降から段階的に縮小されていくのが通常です。

たとえば掛金の月額が上がる一方で、入院日額が半額になったり、通院日額や手術の保障が無くなったりするわけです。


これは 共済、割戻金のメリット~共済のシェア拡大を下支え でもお話したとおり、共済という商品の構造上、仕方ない面があります。


共済加入者の平均年齢があまり上がらないことで、一律の掛金で同じ保障を提供することが可能になっています。

一般に年齢が上がるにつれ保険料も高くなっていく保険と、対比されるところです。


病気にかかるリスクがどうしても多くなる高齢者の加入が一本調子で増えると共済金の支払いが増えるため、掛金の割戻しも充分に行えなくなる点が、共済の現状における課題となっています。


これを解決する方向は

(1)若い人の新規加入者を増やすこと
(2)加入年齢に上限を設けて、平均年齢の上昇を抑えること
(3)掛け金を値上げしたり、保障内容を削減すること

の3つになります。

 

スポンサーリンク


他の共済や保険会社との競争上、(1)と(2)は大手共済に共通する方向性となっています。

特に(1)については各共済とも、掛金の安さと割戻し率の高さをアピールした「こども向けの共済」に注力しています。


(3)については個々の共済の経営戦略の問題となりますが、日本では年齢構成も逆ピラミッド化が進み、今後の若年の新規加入者の大きな伸びが期待しがたい状況にあります。


また最近は保険会社の商品開発力も上がってきており、ネット申込に限定された一部の保険商品には、割戻金を考慮に入れた実質的な負担額を除いて考えれば、ほぼ同内容の共済より割安な商品も登場してきています。


したがって主要な共済は今後、シニア層・高齢者向けに長期の医療保障内容を手厚くした、特色ある商品ラインアップを増やすことにより、競争力を高める戦略を志向するものと見られています。


上述した共済の基本的なしくみ上、高齢者特化型の商品が主流となるにはまだ時間がかかる見通しですが、たとえば基本商品に付けられる「高齢者向け特約」も、今後は増えてくることでしょう。


大手共済の一部には中高年向けとして、病歴や持病のために従来の医療保険に加入できない人を対象にした「引受基準緩和型」の共済が出てきています。


公的年金の補完商品として、一定期間ごと定期的に受け取るタイプか、あるいは生涯に渡り受け取ることのできる終身タイプを選ぶ「(個人)年金共済」などの貯蓄型商品もあります。


ただし2016年初頭からの日銀のマイナス金利政策の導入により、長期の資金運用が必要になる貯蓄型商品は、共済にとっても保険会社にとっても、一段と販売が難しい事業環境になってきました。


共済の今後の商品開発・販売戦略に、注目したいところです。


スポンサーリンク




すべての記事は⇒こちらから

共済 その魅力~保険との違い・比較のポイント のトップページに戻る


姉妹サイトもあわせてご覧ください。




・本サイトの情報提供について

本サイト「共済 その魅力~保険との違い・比較のポイント」は、共済および共済商品に関わる情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。これらに関わる広範な一般的知識及び情報の提供を趣旨としていることをご理解いただき、本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。本サイトはその掲載内容の正確性と適正な取扱いに最新の注意を払っておりますが、これらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。また、本サイトの掲載内容は予告無く編集・追加・改定・削除する場合がありますので、あらかじめご了承願います。

・プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「介護共済と民間介護保険~現状とこれから」です。

次のブログ記事は「子供の共済~加入のメリットと、比較のポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。



プライバシーポリシー

↓ブックマーク あとで読む↓